〒029-4501
岩手県胆沢郡金ケ崎町六原下二の町210
お問い合わせ:TEL 0197-43-3388
Content of Approach 本宮運輸の取り組み
運輸安全マネジメント
本宮運輸は全社員挙げて「安全最優先」を合言葉に安全運転を励行しております。交通法規を遵守することはもちろん、外部の講師を招いての安全運転講習、ドライバーの健康状態のチェック、車両の点検整備など、当たり前のことを徹底的行うことで安全への意識向上へとつなげております。
運輸安全マネジメントの取り組み

本宮運輸は「安全は全てに優先する」を合言葉に、全社員が一丸となって、輸送の安全の確保・向上に積極的に取り組んでいます。

1.基本理念
 経営トップから全社員に至るまで、輸送の安全の確保が最も重要であることを自覚し、一丸となって輸送の安全性の向上に努める。

2.安全に関する基本的施策
 (1) 輸送の安全に関する方針を全社員に周知徹底します。
 (2) 安全管理規程、関係法令を遵守し、輸送の安全を確保します。
 (3) 輸送の安全に関する目標を設定して、全社員で取り組みます。
 (4) 輸送の安全に関する情報は、積極的に公表します。
 (5) 輸送の安全に関する方針は、適時適切に見直しを行います。

輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

輸送の安全に関する目標及び当該目標の達成状況

1.平成27年度の達成状況
 ※自動車事故報告規則第2条に規定する事故はありませんでした。

2.平成28年度の目標
 今後も自動車事故ゼロを目指します。

ドライブレコーダー
全車両にドライブレコーダーを導入しました。得られたデータを解析し、安全運転のための意識向上、事故減少への取り組みのひとつとしております。
ドライブレコーダーとは?
映像記録型ドライブレコーダー(以下「ドライブレコーダー」という。)とは、車両に大きな衝撃が加わった 前後十数秒の時刻、位置、前方映像、加速度、ウィンカー操作、ブレーキ操作等を記録する車載カメラ装置の ことです。  運転しているすべての時間の映像を記録するのではなく、荒い運転をしてしまい「ヒヤッ」「ハッ」とする ようないわゆる「ヒヤリハット」を経験した場面や事故が発生した前後十数秒の前方の映像を記録することが できます。
活用のメリットについて
 記録された映像を見ることにより、運転者がヒヤリハット・交通事故を起こしやすい運転行動を振り返って 客観的に確認することができます。これにより、運転者は自身の好ましくない運転特性を把握し、その反省を 生かして安全運転に対する意識を向上させ、交通事故に遭うことを防止できます。  また、交通事故時やヒヤリハット時の映像を基にして交通安全教育を行うこともできます。
 
デジタルタコグラフ
デジタルタコグラフとは、運行記録計の一種で車両の運行にかかる速度・時間等を自動的にメモリーカード等に記録する装置です。事務所の読み 取り装置でメモリーカード等を解析することでドライバーが法定速度、休憩時間などを遵守しているかを容易に確認でき、事故防止等の安全管理 に用いることができます。

運行記録計には、運行データをメモリーカード等に記録するデジタル式と、記録紙(チャート紙)に針で軌跡をつけて記録するアナログ式があり、 デジタル式の方が記録紙を目視で読み取るアナログ式に比べて解析作業が素早く、かつ、正確に処理することが可能です。
 
安全性優良事業所
全国貨物自動車運送適正化事業実施機関である公益社団法人全日本トラック協会が、トラック運送事業者の交通安全対策などの取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を認定する制度です。
本宮運輸は、安全運転マネジメントや社員教育を通じて安全性を評価されGマーク認定を受けることができました。
ページトップへ▲